-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004-11-21 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
今日は何もない一日。
洗濯&掃除☆
「暇だから、掃除でもしようかな♪」
えっ?日本にいたときには、こんな言葉行ったことも聞いたこともない。
もう一度行って見よう!
「暇だから、掃除でもしようかな♪」
うふふ。うふふ。

ただ、この言葉は、かなり深刻。
なぜなら、私はオーストラリアに来て、そしてこのうちに住んで、SueのVirginiaも本当にいい人で申し分ないのだけど、ただひとつ問題が。
それは、ここに住み始めて1週間たたないうちに、お尻にいっぱいぶつぶつが出来てきたのです。
かゆい。あまり激しくはないけど、かゆい。
最初はアセモかな。と思ったけど、ちょっぴり不安。
南下の皮膚病だったらどうしよう。と思って、せっかく保険にも入ってるし、はるばるサーファーズまで病院に行ってみました。
結果は、外部からのバクテリアによる軽い皮膚病。重症ではない。
外部からのバクテリア…。
それは、どこかに何かが住んでいるってことね?
とりあえず、病院ではお薬を貰い、水不足が心配されるオーストラリアで朝晩バスタブに浸かれという支持を受け(バスタブに入れるお薬を貰った)、後することはただ一つ。
掃除。
掃除。
とりあえず掃除。
次の日、まずシーツを洗い、ベッドから床からソファからおうち中を掃除機をかけました。
しかし、掃除機の吸いが良くない。
恐る恐るゴミの溜まる場所を見てみると…。
軽くMAX表示の3倍の量のゴミが溜まってる。
…これは見つけた私が悪いのね。
まず掃除機の掃除から始めました。
それから毎週1回は、おうち中を掃除機かけてます。
掃除機の掃除もしています。(猫がいるから毛がすごくて、すぐに掃除機が一杯になる)
もう、私のこのうちでの使命だと思っています。
そのおかげか、お尻もちょっとずつ良くなってきました。
でも、まだ油断は出来ない…。
まあ、それさえクリアすれば、住めば都。
これから半年は、きれい好きな日本人として、過ごしていきたいと思います。
…私の皮膚が強くなるのが先か、根っからのきれい好きになるのが先か…。
…後者はまずありえないな。(早く私の皮膚よ、強くなれ!!)


スポンサーサイト
2004-11-15 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
学校の友達とサーファーズにDinnerを食べに行きました。
Dinnerといってもみんなお金がないワーホリ生が主だったので、NOBUさんの知っている、なんとドリンク1杯分の$3.50でご飯が食べれちゃうという、まさに貧乏者のためのレストランに行きました。
味は、そこそこ。贅沢はいえません。
そこで相席になったカップルのようなカップルじゃないオージーたちとも仲よくなり、一緒にお話したり、ビリヤードを教えてもらったり(オージーの男性は優しいよー。とても丁寧に教えてくれる。女の子には。ただ、顔がものすごく濃い)、「実は私レズビアンなの。」と女の子の方に暴露されたり、ちょっと面白い夜でした。


2004-11-12 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
初☆Job!
分からないことだらけだけど、アシスタントとして一緒に働く、リエとノブさんがとてもいい人なので、本当によかったです。
そして生徒さんも、とても雰囲気がいい!!
Moniqueのところに集まるのは、やっぱり楽しい人たちなのね☆。と安心。
そして、授業中にもかかわらず、お盆を回したり、新体操の練習をしたり、絵の教室ではありません。

ここで、Moniqueに聞いた、Funnyな話を一つ。
Australiaでは、庭にGnome(ノウム)という小人を飾ることが伝統的。白雪姫の小人みたいなものね。
そのパターンも専門店があるほど豊富らしい。
しかし、Moniqueはノウムが大嫌い。
「なんで?」と聞いたら、「庭がきれいな庭ではなく、それメインの庭になるから。」
…なるほど。
しかし、Moniqueのお隣さんはノウムが大好きで、ノウムの村かと思われるほど庭にノウムがあふれている。そして、新しいノウムを買ってくるたび「ほら、素敵でしょ。」とMoniqueに自慢し、Moniqueも仕方なく、「ああ、そうね。」と相槌を打つ毎日。
そんなある日のこと、Moniqueがマーケットを歩いていると、ノウムを打っているお店があり、そこになんと、背中をナイフで刺された形のノウムが!!
Moniqueはそれを一目見ると「これだ!」と思い、即買い、家に持って帰り、白い石膏のままだったノウムに丁寧に色をつけ(さすがアーティスト)、背中には血に見えるように赤い絵の具を塗り、夜中に隣の家に放り込んだ。
翌朝。
いつものように、洗濯物を干していると、「おはよう!」と言いながらお隣さんが家から出てきた。
「おはよう!今日もいい天気ね!」と返事し、いつもと変わらないふりをするMonique。
すると、「きゃあ!!何これ!!」
待っていたお隣さんの悲鳴!!
そこで、Moniqueはこう言いました。
「あ、そのノウムね。昨日うちに無断で入ってきたんだ。だから、あまりにも頭にきて後ろから刺しちゃった。そしたら、よろめきながら逃げていったんだけど、とうとうそこで命尽きちゃったのね。」

私は爆笑しました。
本当に、Moniqueって人は…、大人なのに、子供です。
でもその純粋さと、Funnyさがすばらしい芸術を生み出してるのは間違いない。
私も、ここでたくさんのFunnyな体験をしていきたいなー☆


2004-11-10 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
ブリスベン到着。
韓国からブリスベンに至るまでは、いたって必死。
手荷物が多かった…。
荷物を動かすのに必死で(乗り換え時)、感傷に浸ってい暇はない。
そして、飛行機の中はゲームをするところ(妹談)
ばっちりゲームをして、ばっちり寝不足。
その前の日も「あまり寝すぎると飛行機で寝れない。」と思い、6時間ぐらいしか寝ず、日本~韓国は「ここで寝たら後で寝れない」と思いゲームをし、韓国~ブリスベンは、案の定3時間ほどしか寝れず。
着いたらぐったり…。入国審査まで長い長い…。
人の目も気にせず、ひたすら思い荷物をひきずって歩く。
そして、入国審査。
そういえば、前回の入国審査ではビビらされたな…。

前回は、持っていたVISAが無効になっていて、新しいVISAが取れたのが出発10分前。
その時、E-Visaについてよく分かっていなかった私は、書類も何もないのにこのまま乗っていいのか?
と不安なまま搭乗。
っていうか、不安がってるまもなく搭乗。出発3分前。危なかった…。
そして、到着。
「・・・VISAは?」と不安に思いつつ、入国審査を受けと、「Are you Japanese?」と入国審査のお兄さんに聞かれる。
「うわ!やっぱりVISAに問題があったのか?どうしよう。ここまで来て帰国は嫌だ!!」とパニックに陥っていると、お兄さん、
「GETS!!(振り付き)の意味は何?答えるまで通さないよ」
えっっっ!!はっ?何?
ここで、さらにパニック。
まず、GETS!!って何よ?あ、あれ?ダンディ?意味?意味なんかあるの?ギャグです。ってそれじゃ通してもらえないだろうし、ギャグって英語?うわ、考えているうちに、後ろはすごい行列になってるし、えーっと、あのー…。
「GETS!の意味はあなたにパワーを送るってことです」(GETS!なのに、かなり矛盾)
でも、お兄さん、何とか納得。
まわりの審査官たちに「意味が分かったよ!!パワーを送ってるんだって!!」と自慢げに説明し始めた。
ちょっと違う気も…。まあいいか。
もしオーストラリアでGETS!が違う意味で使われていたら、それは私のせいだなー。なんて思いながら、
無事に入国を果たしたのでした。
ある意味、、、いい経験。


2004-11-09 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
11月9日
成田出発。
なんだかんだ言いながら、やっぱり遅刻…。
遅刻すると、飛行機に乗れなくなることもあります。とチケット予約の説明書に書いてあって、旅行会社に遅刻の電話を入れながら到着。
乗れないかもしれないと思ったのは、これで2回目。
そういえば前回も、オーストラリア行きは危なかった…。
まじで、乗れなかったらどうしようかと思った。
今思えば忘れ物も少しあり、でも、もうこれ以上荷物に入らない…。
っていうか、私荷物多すぎ。
妹に「お姉ちゃんコアラのマーチ買って行きなよ!」「なんで?」「オーストラリアといったらコアラの国でしょ?」と言われたが、それどころではない。
(ちなみに、妹と二人でオーストラリアに旅行に来たこともあります。
そのときはそんなこと一言も言ってなかった…)
とりあえず、半年(予定)でしょ?半年!!
夏だけ(予定)でしょ?夏!!
普段の旅行は荷物が少なくて有名な私なのに、やっぱりワーホリは初心者ってことね。
絶対にオーストラリアでは服は買いません!!
でもオーストラリアに好きなブランドがあるんだよな…。
冬服にはそこの服を買うぞ!!
今思えば、出発まであまり実感なかったな。
さすがに、飛行機が動き出したときには、さびしくなった。
もう半年みんなに会えないんだよ!!
遠ざかる光の海を見ながら、かなり感傷に浸りました。
さようなら、日本。
また帰ってくるからね。…いつか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。