-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-25 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
実質宮古島最終日。
朝は、オーナーのまささんがとっておきのシュノーケリングポイントに私達を連れて行ってくれました。
何回も来ている長間浜ですが、何度潜ってもいろんな発見があっておもしろいです。
Nagamahama.JPG
あー、ここで潜るのも最後かー。と思うと何もかもが名残惜しくて仕方がない。
でも、本当にきれいな海の色を見ることができたので、そして今回のポイントではきれいな赤い珊瑚を見ることができたので、本当に最高でした。
もう、この透明度はすごいよ。
何度潜っても飽きることがありません。
そして、やっぱり最後までさざえを探す私。
珊瑚をもっと楽しんでおけばよかったかなー…。

そして、まささんの営業の都合もあるので1時間ほどで長間浜でのシュノーケルを終え、休む間もなく、次はたこ公園へ!!
だって、今日は潜り収めですから☆
今日のたこ公園もすばらしい潜り心地でした。
なんか、小さい小魚がたくさんいた。群れになっていた。
そしてそれに取り巻かれる私たち。
そしてそれを狙うバラクーダ。
…ちょっと怖い。
でも、いつもここは素敵な珊瑚の山とテーブル珊瑚、そして色とりどりの魚を見せてくれました。

ただ、今日、長間浜でもそうなんだけど、そろそろくらげが出てくる時期みたい。
今まで一度も見たことがなかったのに、この日に限っては、結構くらげがいて、気をつけながらシュノーケリングをしました。
本当に私達が行ったのは、いい時期だったみたい。
これからくらげが出始めると、普通の水着では潜れないからね。
でも、気をつけつつ、さすがにぶっつづけのシュノーケリングに疲れながら、たこ公園のシュノーケリング終了。
残念ながらイセエビ獲得はなりませんでしたが、ぜひまた来たいポイントではあります☆

そしてちょっとお昼寝をし、最後は桟橋へ。
私は桟橋が大好きなのです。
もう最後かと思うと、海から出るのが惜しくて、いつまでも入っていました。
ミノカサゴがたくさんいて、その優雅な泳ぎに見とれていたり。
ハリセンボンを見つけて追いかけてみたり。
2Mぐらいある巨大なまこが海草を食べる様子をじっと見てみたり。
桟橋から飛び降りてみたり。
日が暮れて暗くなってからも、上がりがたくて、海に下りる階段にずっと腰掛けて、日が暮れていくのを見ていました。

LastSunset.JPG

するとそこで、足に何か触れるものが。
ふと、足元を見ると。

海ヘビ!!(小さい)
無言で立ち上がるも、ちょっとだけ理性が働いて、「Nao、へび。」とだけ呟いて、急いで海から上がる私。
本当に、ヘビづいているなー。
おかげで、あっさり海から出ることができました。

うん、たぶん、あの時海ヘビが来なかったら、私達は夜を海で過ごしていたことでしょう(笑)
素敵な海よ、さようなら。

その夜は、最終日ということもあって、まささんがご飯(特性オムライス!)を作ってくれて、みんなで最後の晩餐をしました。
その後、酔っ払って寝たまささんの寝言がかなり面白かったけど(笑)
楽しい、最後の夜になりました。

まささんの作ってくれたオムライス☆
Omuretrise.JPG


スポンサーサイト
2007-07-24 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
この日もドライブ☆
まずは、池間島に3度目の上陸☆
うちらの旅は、宮古島に行ったにも関わらず、島の割合的には、85%栗間島・10%池間島・5%宮古島となっています。
そして、まず行った場所は、池間大橋を超えてすぐのお土産屋さん。
そう、そこは今まですでに2度もマンゴーをそこで買い、お土産で家族に送ったりしている私達ひいきのマンゴー直売所。
しかも、値切りまくった結果、3度目の来訪、売り場のお姉さんが私達を見ないふりをした!!(笑)顔を覚えられている挙句、見ないふりをされるまでとは。
よっぽど、印象に残っているらしい(笑)
でも、ここのお姉さんも本当に楽しい素敵なお姉さんで、仲良くしてもらいました。
そしてこの日も、Naoがお土産用のマンゴーを買ったついでに、ジュース用のマンゴーを惜しげもなく2つもおまけしてくれました!!
本当にありがとう!!お姉さん!!
その後、お姉さんが首になっていないかどうか、本当に心配です(笑)
ここでも、本当に素敵な出会い。
これだから旅は辞められません。

その後、池間島でシュノーケリング(前回はNaoが耳を病気中だったから潜れなかったので)。

IkemaIsland.JPG

やっぱり、池間島のシュノーケリングは、珊瑚が本当にきれいです。
そして前回同様、クマノミを守る黒い魚と戦い、1Mほどもあるオニカマス(たぶん)を見つけ、面白くて追いかけていると、攻撃され始めて逃げてみたり、ハコフグを見つけて追いかけてみたり。
ものすごく、穴場&おすすめシュノーケリングスポットです。

ただし、シュノーケル以外はそんなにお勧めしないかな。
例えば、カップルで来たとき、裸足で海に入ったらまず珊瑚が足に刺さる。
そして、「待てー、こいつー。」とか言って、水をかけようと海の水をかいた瞬間、珊瑚が手にあたり、けがするね。血が出るよ。
ちなみに、珊瑚でけがした傷は、跡に残りやすく、治りにくいので注意してください。
なんて、そんな想像を働かせながら、名残惜しくも池間島を去る私達。

次は、保良川ビーチへ移動。

BoragawaBeach.JPG

うーん、ここはー、まあ、地形が面白いところでした。
何よりもよかったのは、シャワー!!
地下水をくみ上げているとかで、久しぶりに冷たい水を体感しました(笑)
そして、スタッフ総出で、私達に水をかけてくれる(笑)
なんだか、本当にリゾート気分になれる、ビーチでした。

そして一度宿に帰り、シャワーを浴びて、また平良の町へGo!!

途中の川満で撮った夕焼け
Sunset.JPG

最後の民謡居酒屋へ繰り出しました。
やっぱり「美ら美ら(ちゅらちゅら)」でしょう。
Naoがこの前キープしておいた泡盛もありますし。
前にNaoが習った三線の師匠、重信先生も誘って、飲みに行きました。
やっぱり「美ら美ら」は本当によい。
やっぱり感動&とても楽しみました。
また行きたいよー。その時まで、なおちゃんとともみちゃんがいますように☆

名残惜しくも、美ら美らを後にし、私はお世話になったアクアストーリーにちょびっとお邪魔して、気持ちばかりのプレゼントを渡してきました。
喜んでくれて、本当にうれしかったです。
くにさん、よーこさん、これからもがんばってね!!
けんかはほどほどにね!!
また行くときは、ぜひよろしくお願いします☆
aquastory.JPG


2007-07-23 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
Sunrise.JPG
この日は、朝早く目が覚めて、この旅初めての、日の出を見ることができました☆
そしてその後、2度寝をしたことは、言うまでもありませんが。


本当に宮古島観光最後の締めくくり!!ということで、またレンタカーをして、この日は伊良部島&下地島観光に行きました。
朝早目にレンタカーをして、伊良部島行きのフェリーに乗って出発!!
この日は、本当に暑かった!!
フェリーから降りた後、ドライブしては気になる場所でシュノーケリング。
気ままな旅になりました。

IrabuIsland.JPG

IrabuIsland2.JPG

それにしても、暑かった。
歩いていると、もう目眩がしてきます。
私はほとんどバテバテ。
Naoはそれでも元気に歩き回っておりました。
そして、午後3時。
今日のメインイベント、「青の洞窟」へのシュノーケリング!!
案内してくれる宿のスタッフの方に連絡を入れてみたところ、
「え?今日でしたっけ?間違って25日に予約を入れてました。
今日はもう潮の関係で行けません。」
……怒。
腹が立ったので、近くでかき氷の暴食をしようと店を探し、入ったところ、そこにはセクハラオヤジが居座っており、私達にかなりのセクハラ言葉を投げつけてくる。
…申し訳ありませんが、あなたの好みや萌えポイントには全く興味がございません。
と、言えず、一刻もそこから早く立ち去ろうと、無言でかき氷を食べる私達。
そんなときに限って、かなり量のある、カキ氷でした(笑)
そして、ちょっと早めに伊良部島を離れ、いったん宿に帰る。

そして、夜ご飯はレンタカー屋のおじさんとおばさんのおうちに、夕飯に招待されていたので、遊びに行きました。
このおじさんとおばさんは本当にいい人たちで、この旅で1番の出会いと言ってもいいのではないでしょうか。
知り合った時間はすごく短かったけど、私達を本当の娘のように思ってくれ、本当にいろんな話を聞かせていただき、おいしいご飯を惜しげもなくよそっていただき、ものすごく為になるお話をたくさん聞きました。
お嬢さんのひとみちゃんも本当にかわいくて、素敵なおうちでした。
いろんな人がいて、いろんな人生があって、いろんな考え方があって、本当におじさんとおばさんの体験談は勉強になり、そして楽しく、人生を前向きに考えさせてくれるような話ばかり。
本当に素敵な人たちと出会えて、幸せでした。
また、宮古島に来るときには、ぜひ遊びに行きたいと思います。

このおじさんとおばさんがやっているレンタカー屋さんの名前は「美ぎ島(かぎすま)レンタカー」と言います。
本当に良心的な値段で貸してくれて、素敵な人たちですので、ぜひ、お勧めです。



2007-07-22 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
この日は、宮古島オリオンビアフェスタ☆
本当は1週間前の予定だったのが、台風のため延期になり、実はその前々日からは宮古祭りがあって、そしてオリオンビアフェスタが続いて行われるという、宮古島で一番忙しかった一週間ではなかったでしょうか。
私たちは宮古祭りにも行きたかったんだけど、足がなく、それでも前日の夜、Naoだけ自転車で平良まで往復するという暴挙に出たものの、暑すぎて、昼間は到底無理!!
ということで、せっかくの祭りなのに行けないよー。と思っていたら。
親切にも、オーナーのまささんと、そのお友達が連れて行ってくれることに。
しかも行けても帰りが困るので、自転車をバンに乗せていってくれ、帰りは自転車で帰ることに。
わーいい!!
夜、涼しい中、自転車で1時間なんて、岡山人には軽いものです☆
…でも、さすがに日中は無理ですが。
なので、朝は軽くシュノーケリングに行き(ここでも海ヘビ発見!!無言で逃げる。逃げきってからNaoに報告(笑))、昼過ぎから平良に出て、町ブラしつつ、夕方になってから、オリオンビアフェスタが行われている、市民球場へ行ったのでした。

私たちが市民球場に行ったときには、ライブも最後、D-51の登場。
D-51のライブが生で、そしてけっこう近くで聞けてしまい、そして無料という、なんという太っ腹宮古島。
なんと生ビールも1杯200円という破格の値段。
私がビールが飲めないことが悔やまれます。
そして、程よく酔っ払い(Naoが)、ライブも盛り上がって終了したところで、来ました、花火!!
本当に素敵な花火でした。
小さくても、宮古島の空に上がる花火は最高でした。
本当に、夏を満喫!!って感じでした。

hanabi.JPG

そして、花火終了後、帰路につく。
ここで、宮古島の不思議。
祭りが終わったら、みんなまっすぐに帰る。
会場に居座ったりしない。(すごいなー。)
そして、自転車人口がいない。
少なくとも、祭りの後、自転車で帰っていたのは私たちだけだった。
…確かに、山はないものの、起伏が激しく、あまり自転車には向いてないのかもしれませんが。
おかげで、うちらだけかなり楽に、会場を離れることができる☆
そして、スーパーに寄って、軽く夕飯を買い込み、帰る途中にある、夜景と月のきれいな湾で夕飯を食べ、ゆっくりと帰る。
あー、なんか素敵。
この夜がずっと続けばいいのに。と思えるような夜でした。

そして、宿までもう少し、という栗間大橋の上。
ここはいつも、夜釣りを楽しむ人が何人かいます。
そのうちのおじさん二人に、オヤジキラーNaoが声をかけたところ。
なんだか親切なおじさんたちで、いろいろと話し込み、その日は大漁だったとかで、その日の夜に食べる予定だった夜食が不必要になったので、パンとかコンビニチキンとか、ビールとかたくさんくれました(笑)
その日は2kgのカワハギが釣れたらしく、でも私たちが行ったときはカワハギの刺身を食べ終わった後で、それでもおじさん達は、
「本当においしかったから、後ちょっと残ってるからこれを食べなさい。」
と、本当にちょっとしか残っていない刺身のしょうゆ漬けをくれ(笑)、
「本当はご飯があればいいんだけど、あ、でもパンでもおいしいよ。パンにこのしょうゆをつけて食べなさい。」
と、おぐら&マーガリンのパンをくれた!!
…いやー、これをしょうゆに漬けるのはちょっと…。
と、何度かお断りしたにもかかわらず、「いや、おいしいから。」と4回ほど言われ、一瞬漬けて食べてみようかと思った(笑)
…結局踏みとどまりましたが。
その後、そのカワハギのアラもくれ、おじさんたち以上に大漁になって帰る私達(笑)
なんだか、本当に楽しい祭り&祭りの後でした。



2007-07-20 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
今日は一日ゆったり来間島から放れる事無く、過ごしました。
一番暑い時間には、汗をものすごくかきつつNaoと拾った貝殻でアクセサリーを作ったり、絵を描いたり。
ちょっと涼むために、宿の目の前にあるカフェにお茶を飲みに行ったり。
夕方、ちょっと涼しくなった所で、一人でシュノーケルに行きました。

ムスヌン浜
MusununBeach.jpg

今日は浜の方に行ったのですが、もう、シュノーケル=魚や珊瑚を楽しむ。ではなく、
シュノーケル=さざえを探す。という自分が、少し誇らしいような悲しいような複雑な心境になってきました。

でも、さざえ、一つも獲れず。やっぱり難しいなー。

その後、きれいな夕焼けだったので、Naoと一緒に桟橋の方に軽く泳ぎに行きました。
夕焼けの中、泳ぐ私達。
ビーチにはほかに人もいなくて、まるで貸し切り状態。
そして波も全くなく、空もすごくきれいに色づいて、水は透明で、まるで夢のような感じでした。
この感覚は、文章にもできないし、写真にも収められない。
本当に私自身の五感で感じ取るしかなくて、なんだかもったいないような、このときがずっと続いてほしいような、もしくはこの瞬間に世界が終わってほしいような、何とも言えない気持ちになりました。
だって、本当に完璧だったんだもん。

空の色。
沈む太陽。
水の透明度。
水の温度。
気温。
一番星。

今回の旅で、一番記憶に残る幸せな瞬間はこの時だと思いました。
本当に信じられないくらい、完璧な宇宙。
切なくなって涙が出そうになりました。

考えてみれば、23日間予定の私達の宮古島デイズもあと5日を残すだけになってしまいました。
今まではいつどこで泳いでも、ただ楽しいだけだったけど、今日初めて、寂しく思いました。
もう、この夏は、この夏しかあり得ないんだな。と。
人生において一回きりしかないんだね。
そして、この夏でしか会えなかった人にたくさん会ったし、この夏にしかできなかった事をたくさんしました。
またNaoとYuchiと来れるかどうかもわからないし、もし来れたとしても、同じ事は二度と無い。
それがわかっているから、人生とは美しいものだな。と思います。
私は楽しかった事は何度も繰り返したい!!と思ってしまうタイプなので、また違った形でここに戻ってくるかもしれません。
それと同時に、もっと色んな所で色んなものを見たい!!とも思ってしまうタイプなので、今度はいつ戻ってくるかは定かではありません。
でも、その時を楽しみに、また毎日をがんばるしかないね。

SunsetDream1.jpg

まあ、この夏といってもまだ7月ですが。
まだまだ 夏は続きますが。
ちょっぴり感傷に浸った今日の夕方でした。

そして、こんなにしんみりと日記を書いている後ろで、Naoが本を読んで爆笑しています。
空気が台無しです(笑)
あと5日間、後悔の無いように楽しみたいと思います。


2007-07-19 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
前回の台風後ダイビングからリベンジ!!
今日はかなりの快晴で、海は穏やか、波のうねりも少なかったので、絶好のダイビング日和として、ダイビングスポット伊良部島周辺に潜ってきました☆

今回もお世話になりました、宮古島のダイビング会社、アクアストーリーさん。
HP見てみてくださいな。私も映っています☆

この日は、アクアストーリーのインストラクターくにさんとようこさん、そしてゲストは私とゆかりちゃんだけという貸し切り状態☆
年齢が近いせいもあって、かなりフレンドリーにダイビングです。

まず1本目。ツインホール。
TwinHole.jpg
宮古島のダイビングガイドには載ってないのですが、アクアストーリーオリジナルのダイブスポット。
島の崖にできた洞窟に入って行きます。
洞窟の中から見た外の青が本当にきれい。
なかにはカタクチイワシの大・中・小の群れがたくさんいてキラキラ光っています。
そしてどんどん中に探検して行く。
海中だけではなく、水上からも洞窟を楽しめる、本当に面白い場所でした。
洞窟の外も珊瑚礁が一面に広がっていて、魚を楽しむダイビングにはもってこいです。
しかも浅いので、1時間ぐらい潜ってられる(笑)
透明度も抜群で、大満足☆

1本目が終わって、よーこさんのおいしいランチを食べ、休憩。
のはずが、「浮き輪始めました」のため、がんがん海で遊びまくる私達。
水がきれいだし、暑いし、ちょっと海面を泳ぐだけでもすごく気持ちよかったー!!
私はダイビングの休憩時間のシュノーケルや水遊びが大好きです(笑)

そして場所を移して2本目。有名な(?)Wアーチ。
WArch.jpg
ここも面白い地形で、岩に穴があいていたり、洞窟になっている所を通り抜けたりして行きます。
洞窟の中には伊勢エビがいっぱい!!
・・・獲りたい。と思ったのは私だけではないはず。
でもそこは優秀なダイバー。
見学だけして、後ろ髪を引かれつつ去ります。
ここにもエビやかにがいっぱいいて、ゆかりちゃんは大興奮でした(笑)
洞窟を抜けた後も、エビがいたり、ヒラムシがいたり、色んなものを見つつ、40分ぐらい潜った後5Mぐらいの珊瑚礁で安全停止。
そろそろ上に上がりましょうか、という時。
私、超でかいタコ発見。
いそいでよーこさんとゆかりちゃんを呼ぶ。
これはでかいタコだと判明。
私とよーこさんは、おそるおそる素手と棒を使って、タコを見たり、外に出そうと試みてみるも、あまりのでかさと気持ち悪さに、手が出ない。
水面下で、女3人が寄ってたかってタコと格闘。

その時。
ゆかりちゃん、「なにしてんのよ?」と言わんばかりに、素手でタコをつかんだ!!
(ゆかりちゃんはダイビンググローブをしていました。)

私、水中の中で悲鳴。
そして案の定、タコはこっちに向かってきそうになるも、方向を転換し、墨を吐き、逃げて行きました。

あー、おもしろかった(笑)

船の上に上がって、今日も楽しかったねと言いつつ、真水をかぶっていると。
横からクニさんが、水鉄砲で何やら茶色い水を私達に撃ち始めた。

冷たい!!!

中身の正体は、冷たーく冷やしてある麦茶(笑)
前の休憩のときに、真水をかけたときに「熱い!」と言ったのに対し、今度は冷たさで勝負して来たらしい(笑)
最初は、冷たーい!!と言ってキャーキャー言っていた私達も、そのうち・・・麦臭くなった(笑)
仕方が無いのでもう一度真水を浴び、帰りに船を操縦しているくにさんに向かって、思う存分麦茶鉄砲を発射しながら帰ったのでした。

本当に、天気も海の状態も良くて、最高の宮古島ダイビングでした。
これから私ももっともっと潜って、いろんな場所に潜れるようになりたいなー。
まあ、リゾートダイバーなので、先は長いかもしれませんが。

今回のアクアストーリーのくにさんとよーこさんとの出会いも素敵な出会いでした。
また宮古島に来るときは是非お願いしたいと思っています☆
そのときは、クニさんに負けないくらいの秘密兵器を用意しておかないと・・・。





2007-07-18 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
今日もレンタカーを借りて、宮古島観光に行ってきました☆
メンバーはNaoと私とダイビングでもバディのゆかりちゃんです。
宮古島は小さい島なんだけど、やっぱり観光するには車が便利。
バスや公共機関は田舎だけにとても、不便です。

そして今日の目的は、
池間島第2弾!!
IkemaBridgePart2.jpg
前回も行ったのですが、今回は八重干瀬を堪能するために、グラスボートに乗りました。
すごい!!八重干瀬!!
本当に珊瑚がきれい。
そしてあふれんばかりの珊瑚が広がっています。
色とりどりの珊瑚に感動☆
シュノーケルやダイビングツアーでは連れて行ってもらえないような所にも連れて行ってもらえたので、大満足でした。
そして満足の決めては海ガメ☆
海ガメのお昼寝ポイントに連れて行ってもらい、巨大な海ガメを見ました。
しかもサービス精神旺盛な海ガメの亀吉がわざわざ海面まで上がって来てくれ、お客さんみんな大喜び。
素敵なサービスです(笑)

出血大サービス☆
SeaTurtle2.jpg

その後、本当はボラビーチという所に行こうかと思っていたのですが、ボートの船長さんに、まだ波が高いからやめておきなと言われ、代わりに池間島のシュノーケルベストスポットを教えてもらう。

いやー、地元民に教えてもらったら行くしかないでしょう♪

行った池間島のビーチは、本当にきれいで、すごい珊瑚でした。
しかも干潮時に行ったので、珊瑚に取り囲まれて帰って来れなくなるかと思うぐらいのテーブル珊瑚。
魚の量も種類もたくさんいて、感動でした。
毎日来間島でシュノーケルしてるけど、場所が変わるとここまで違うのかとびっくり。
もちろん、来間島のシュノーケルも大好きですけどね☆

池間島の隠れビーチです。
IkemaIsland2.jpg

そんな中、卵を守っているのであろう、ものすごく攻撃的な魚に遭遇。
私何ぞは、尻尾を巻いて逃げ出しましたが、ゆかりちゃんはそれに応戦。
ものすごい攻防戦が水中で繰り広げられました。
それを見て私は大爆笑(笑)
想いっきり笑ったので、もう少しで溺れる所でした。
しかも足がつったし。
命の危険を感じた所でいったん退散。

その後、もう夕暮れなので、平良の街に戻り、私とNaoは街ブラ。
ゆかりちゃんはシャワーを浴びた後に、民謡居酒屋に合流予定。

今日も平良にある民謡居酒屋に行きました。
前回とはまた別の所ですが、凄腕の三線シンガーがいたり、すごく楽しい時間を過ごしました。
沖縄の人ってすごいなー。
こんな飲んだり歌ったり踊ったりを毎日してるんだもんなー。
前回もそうだったけど、地元を楽しむという習慣を、すごく考えさせられます。
そんな感じで、観光満喫した一日でした☆


2007-07-16 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
悲劇は夜中に起こりました。
部屋に戻り、さあ寝ようか。と冷房のスイッチを入れた時。

ボトッ。とエアコンから何かが落ちて来た。

ギャーーーー!!

それはまぎれも無く、巨大な(といっても5CMぐらい)の黒いやつが!!
ここからやつのことをGと呼ぶ事にしましょう。

まあ、亜熱帯の島、いろいろな虫と今まで出会い、もともと田舎っ子の私はどんどん順応していき、たいていの虫なら掴んだり捨てたりできるようになって来たのですが。
・・・やっぱり5CMもある、そしてカサカサと音のするGはちょっと。
急いでNaoに助けを求める。
ちなみにオーナーのMasaさんは軽く無視(笑)
それは今まで私が、虫を捕まえてはMasaさんに向けて放ったり、肩に乗せたりしていた仕返しでしょうか。
仕方が無いので、Naoと二人で格闘です。

最終的に、ぎゃーぎゃー大騒ぎをした結果、しとめました。
「Naoちゃん、大きくなれ!成長するんだ、Naoちゃん!!」
という、Nao自身の言葉とともに(笑)
やっと、これで一安心して眠れる・・・。

と、思っていた矢先、もう一匹発見・・・。
これからもうひと騒動ありそうな予感です。

私達の夜は、長ーい夜になりそうです。
しかし、これを明けたら、もう怖いものは無いかも・・・?

Gの画像はないので、この前撮影した、ハマクマノミの画像をお楽しみください。
Nemo.jpg


2007-07-15 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
この日は、宿で一緒になったゆかりちゃんと、宿のMasaさんの紹介のダイビング会社アクアストーリーさんで潜ってきました。
初☆宮古島ダイブ!!
しかし、ご存知の通り、台風が過ぎたばかり。
外海は波が荒く、船が沖まで出ません。
なので今回はインナーリーフでまったりダイビング。
透明度もよくありませんが、まあ初心者の私にはぴったりの場所でしょう・・・?

まず1本目、砂丘伝説。
海底には白い砂地が広がっていて、緩やかに砂丘のように丘になっています。
まず船からエントリーしてみると、そこにはなんと、コバンザメがお出迎え。
私は普通にネムリブカかと思って、結構追いかけたりしようかと思っていたら、実は怒らせるとこわいらしい(笑)
よかった、捕まえたりしないで(笑)
あとは黙々と砂丘を登ったり降りたりして、まったりダイビング。
途中で日本では珍しいトサカアカクマノミを見る。
このクマノミ。真上から見ると白の模様がハート形に見えてかわいい☆
そして、それまで結構無反応だった本日のバディーのゆかりちゃん、インストラクターのクニさんが「えびがいるよ。」とボードに書いたとたん、超反応(笑)
彼女はエビカニマニア(?)なあげく、海の中では妙に攻撃的です(笑)

一本目を終え、アクアストーリーのようこさんのお手製お弁当を食べ、お腹もいっぱいになった所で2本目へGo!!
2本目は「砂丘伝説2・エビ天国」です。
もうゆかりちゃんのためのポイントですね。
ここで、エントリーしたとたん、私は中性浮力を崩し、一人でバタバタもがく。
そうしているうちにふと前を見ると。
なんと、そこには。
うにょうにょとうねるウミヘビが!!

「ギャーーーー!」

そして、そのウミヘビは私と目が合ったとたん、私に向かって突進して来た!!(ように見えた)

もう、私、大パニック。
パニックと中性浮力の崩れとヘビから逃れたいのが合わさって、その場をぐるぐる回転
エアーを大量に消費したことは言うまでもありません。
そして、そんな私を冷静な目で見つめる、バディーの渡辺さん。
・・・見つめるぐらいなら、助けてほしかった・・・。

そんな感じで始まり、途中ではウツボも発見(でかい!!)
そのウツボの近くに、すごく珍しい魚もいたらしいのですが、私の目にはもう、ウツボしか目に入らない。
だって、目を離した隙に、噛まれたりしたら怖いじゃん。
そんな私を横目に、ゆかりちゃんはやっぱり、ウツボに攻撃を与えていました。

そんな初☆宮古島ダイビング。
私が海で会いたくない生物ベスト3
1、サメ 2、ウミヘビ 3、ウツボ
をすべて制覇!!
サメとウツボは克服できそうだけど、ウミヘビはやっぱりだめだという事がわかったダイビングでした(笑)

あと、水中でウェットスーツが着れるようになりました。

今日のポイント、海上から
DessertLegend.jpg


2007-07-12 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
Yuchi最終日です。
なのに朝から天気は荒れ模様。
それはそのはず、日本に沖縄に、そして宮古島に台風が接近しています。
こんな中でYuchiは岡山に帰れるのか?と心配しつつ、飛行機の時間ぎりぎりに空港にお見送りに行きました。
ちょっと半泣きのYuchiと私。
熱く抱擁を交わしました。

…ま、8月にはまた会うんですけどね(笑)
でも、初めてYuchiとこんなに長期で旅行をして、本当に楽しくていい思い出がたくさんできました。
帰ってしまうのなんて、すごい寂しい(涙)

でも、Yuchiの飛行機が無事に離陸し、無事に神戸空港まで帰れることを祈りつつ、残った私とNaoは、台風に備えて、買出しに行き、その後宿で静かに過ごす。

わけもなく(笑)

強風の中、高台の展望台に行っては荒れ狂う波や高さに驚き、風に飛ばされようとしてみたり、挙句の果てに、大雨の中外で活動してみたり。
…子供か、うちら(笑)
まあ、いつも私たちの旅はこんなスタイルです。

でも、さすがに外にあまり出歩けなかったので、うちらにしてはおとなしい過ごし方だったよー。
夜は夜で、みんなでチョークアート体験教室をしたり、Masaさんにギターのダメ出しをしたり(笑)、楽しく過ごしました。
明日の、朝方が一番やばいらしい。
どうか、早く台風が去って、また海に行けますように。

台風前のたこ公園。空は昼で海が夜のだまし絵みたい。
たこ公園夕暮れ


2007-07-10 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
この日はまず、与那覇前浜(アジアで一番きれいと言われるビーチ)で写真を取り、さくっと次は、いろんなところを迷いつつ、イムギャーマリンガーデンに行ったり、地下ダム資料館に行ったり、うろうろしつつ新城海岸に到着し、シュノーケリングを楽しみました。

与那覇前浜 ちょっぴり曇り気味。
与那覇前浜

イムギャーマリンガーデン
イムギャーマリンガーデン

新城海岸
新城海岸

新城海岸は、遠浅で、けっこう浜から近くてもさんご礁や熱帯魚が楽しめるので、お子さん連れの旅行者にはお勧めのシュノーケルスポットです。
まあ、私とNaoは(Yuchiは海岸から私たちを見守る)、波が穏やかなのをこれ幸いと、かなりの遠泳。
もう少しで、隣の吉野海岸に着くところでした(笑)
でも、いろんな魚や、超でかいフグが見れておもしろかった。
あと、星の砂を海底から見つけてきて、必死で浜で選り分けてみたり。
夏のビーチを満喫です。

星の砂を海底から取ってきました。
星砂

そして夏のビーチを満喫した後は、ここも観光の定番、東平安名岬へ。
台風が近づいている影響か、そらはちょっと曇り気味で、あまりきれいな夕焼けは見えませんでしたが、夕方のお散歩を楽しみました。
そしてちょっと遭難しかかりましたが。
宮古島の一番東にあるから、朝日とか、本当にきれいなんだろうなー。
…朝5時にあそこまで行く根性が私にあるかどうかはわかりませんが、いつかチャレンジしてみたいものです。

まるでグレートオーシャンロード。
東平安名岬1

そんな感じで、2日間の観光終了(笑)
うん、確かに宮古島を観光だけでまわるなら、2日間あれば十分な気もする。
でも、やっぱり、まだ宮古島を満喫したとは言えません。
もう一回ぐらい、レンタカーをして、また民謡居酒屋に行ったり、池間大橋や八重干瀬に行ったりしてみたいなー。と考えております。
あ、伊良部島や下地島にも行きたいしね…。


2007-07-09 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
この日は2日間レンタカーをして、NaoとYuchiと3人で、宮古島観光をしました。
初の観光らしい観光です(笑)

まず、レンタカー屋さんのおじちゃんおばちゃんがすごいいい人で感動。
レンタカーの契約をした後も長話をしてしまい、早速出発が30分ほど遅れる(笑)
そしてその後レッツゴー☆
真っ青な海の上を通る栗間大橋を越えて、宮古島に出発です。
FromKurimajima5

まず、私たちは平良市街地につき、私は宮古織り研究所で体験織物教室へ、そしてNaoとYuchiは三線教室へ別行動。

織物教室は、私の念願だった機織が叶い感動。
まあ、なんとか様になるコースターもどきが作れました(笑)
waving2
でも、やっぱり機織楽しい。ああいった単純作業好きだなー。
家庭用機織り機買おうかなー。なんてご満悦な私。
けっこう早く作り終わってしまい、施設を見学させてもらったところ。

!!!!
プロの方が織っている、宮古織りや宮古上布はすごいです。
まあ、確かに体験機織りでも、縦糸とかたくさんの糸を張らないといけなくて、準備する人大変そうだなー。とか、思っていましたが。
宮古上布なんて、とんでもないよ。
縦糸にも、横糸にも決まったように色が染められていて、その縦糸と横糸の模様が合うように織られていくのです。
糸もものすごく細いのに。柄もものすごく細かいのに!!
1本1本模様を確かめながら縦糸を張り、1本1本確認しながら横糸を織っていく。
気の遠くなるような作業です。
1日に10CMほどしか織ることができない。いや、10CMでもすごい。
それを知るまで、「機織り職人になりたいなー。へー、研修期間が6年あるのかー。」なんて簡単に考えていましたが、絶対に無理です。
家庭用機織り機で十分です。
帰りに受付のお姉さんに、
「私がお金持ちになったときは、宮古上布で着物を一枚作りたいと思います。」と宣言してきました(笑)
でも、あの機織り機の使い勝手や織るときの音は、本当に素敵な体験でした。

そして機織りを体験後、近くで三線を習っているNaoとYuchiと合流。
二人の三線教室を見学に行き、三線の先生と仲良くなり、夜一緒に民謡居酒屋に行く約束をして、ちょっぴりお土産を買い、そして次の目的地、砂山海岸に出発。

砂山海岸は、必ずガイドブックに載っている、有名な観光スポットです。
SunayamaBeach2
海が青い!!海がきれい!!空も青い!!
まあ、そんなのは栗間島でも堪能できることなので(すっかり栗間島びいきになっています)、さくっと写真だけ撮って帰ってくるはずが。
ここで飲んだ、マンゴージュースがものすごいうまかった!!
売ってるおじさんが「これは病みつきになるよー。」と言っていた通り、もう、そのお店にあるマンゴージュースを全て買い占めてしまいたくなるほどおいしかった!!
今度砂山海岸に行くことがある人は、ぜひお勧め!!
駐車場の近くで売っているマンゴージュースをぜひ試してみてください。
あー、あれがまた飲みたいがために、また行きたい…。

ついでにちょっと宣伝風な写真も撮ってみました。
Vacation!!

そして次のスポットは池間大橋です。
IkemaBridge3
ここもドライブスポットとして有名な橋で、宮古島と池間島をつないでいます。
うん、ここも海も空も青くて本当に気持ちいい。
でも、ちょっと宮古島の向こう側が曇っていて、絶対スコールが降っているんだろうなー。と思っていたら。
橋の袂から、虹が!!
Rainbow!!
超大興奮で、写真を取りまくる私たち。
神様から素敵なプレゼントをもらったような気分になりました☆
その池間大橋の駐車場にある売店から、3人して高級マンゴーを格安にしてもらい実家に送り、試食の海ぶとうを好きなだけ食べ、なんだかお得な気分のまま帰路につく。
この池間大橋の近くから八重干瀬というアジア1のさんご礁が広がっているらしいんだけど。
いつかシュノーケルかダイビングに来たいなー。
でも、ツアー料金が高いので、悩むところであります。

その帰りに、もう閉まる直前の雪塩工場を訪ね、いろいろと説明してもらい、雪塩ソフトクリームを食べ、蚊に刺されながら、平良に戻る。
そして次はお待ちかね、民謡居酒屋での宮古島民謡ライブです。
すごく小さな店だったので、油断して入ってみると、結構な人で満席状態。
私たちは三線の先生が予約をしてくれていたので、すんなり席に着くことができ、ラッキーでした。
そして19時半からライブ開始。
まだ若い女の子2人が、とてもいい声と、素敵な演奏で楽しませてくれました。
もう、その演奏を聞いて、私、途中から号泣(笑)
もちろん、酒が飲めないので、シラフで号泣です(笑)
本当に素敵な演奏と、パフォーマンスだったのに、私の中の何かを刺激し、もう途中から号泣したり踊ったり笑ったり、大変な状況に!!(笑)
本当に、感動しました。
こんなに自分たちの国や故郷や文化を愛し、楽しみ、受け継ぎ、そしてそれで人を楽しませるって、すごいことだと思う。
そんな感動して号泣している私を見て、三線の先生は、「あなたはそんなに感動したなら、三線を習いなさい。」と言ってくれました。
ありがたいお言葉。
でも、ごめんなさい。私は蛇が触れません。
三線よりも太鼓か島唄が習いたいですー。と思ってしまった私は、わがままでしょうか…。

そんなこんなで、居酒屋で盛り上がりつつ、周りのおじさんたちの輪に入ったりしつつ、そしていつのまにか私たちのお会計がそのおじさんたちによって支払われていたりしつつ(女の子は得ですねー)、しかも余った泡盛ボトル1本キープしてもらいつつ、一日終了。
酔っ払いのNaoとYuchiを連れて、私が運転して、道に迷いつつ栗間島に帰ってきた1日目でした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。