-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-04 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
この日は、前日までのパーティーやら準備やらなんやらで、ものすごく疲れているだろう、Naoとロホンが、ブルターニュの有名どころを案内してくれる、ドライブ旅行に連れて行ってくれました。
メンバーは、日本から来た友人と、ノルウェーから来た友人Kari,そしてNaoのママ&妹☆
大人数でのドライブ、ちょっとしたツアーです。
本当に、疲れているところありがとう。
前日も夜更かしですが、朝8時には出発です!(ばっちり朝ごはんと朝の散歩にも行きました☆付き合ってくれた君ちゃんありがとう☆)

さてさて、まず向かうは海賊の町として知られる、サン・マロ。
この町は、海に暗礁が多く、めったなことでは他の海賊に攻められないことをいいことに、海賊が陸に上がり、指揮をとり、奪う側と売り払う側という需要と供給のもと、発達していった町だそうです。
もちろん、立派な城壁に囲まれていて、その姿は圧巻。
昔は売り払う側の豪邸が立ち並んでいたそうです。
web28.JPG

そして浜辺の先には、引き潮のときだけ渡れるという小島が。
みんなでそこを探検!という話になったのですが、私はトイレに行きたくて、みんなから後れを取ること15分。
さあ、行こうか。というときになって、島から帰ってきているおばちゃんに声をかけられました。
「もうこれから行ったらダメよ!潮がみちるわよ!」

それは大変!
私を待ってくれていたロホンと君ちゃん以外は、そんなことも知らずに、みんな島にいます。
みんなを大急ぎで呼びにいき、でも思ったより島は広く、みんなを呼び集めるのに手間取り・・・。
最終的に、このようになりました。
web29.JPG

はい、無事に帰れないこと決定ーー。
覚悟をして、スニーカーのまま、ザブザブ渡って帰りました。

その後、不快な足のまま昼食を食べにレストランへ。
私が頼んだものはこれ。ここら辺の名物、山盛りムール貝!
web30.JPG
一生分のムール貝を食べた気がします(笑)

昼食の後は、また車に乗り込み、いよいよメインイベント・モンサンミッシェルへ!!
しかし、電車の時間が決まっている私たちには、時間がない!
1時間という短い時間でしたが、それでももちろん強行。
そして、見えてきました!!
web31.JPG
サン・マロではあれだけ潮が満ちてきていたのに、ここは全然ひいたまま。
なぜだ?と思いつつも、モンサンミッシェル内を見学。
中は、お土産屋さんがいっぱいで、なんだか日本の浅草を歩いているみたいでした。
そして、結論としては、うん、モンサンミッシェルは外から見るのが一番きれい(笑)
今度はゆっくり、修道院の中まで見学できたらいいな。

その後、大忙しで駅まで向かい、あと5分で電車が出発!というときに、駅に到着。
Naoたちとの別れもそこそこに、電車に乗り込む(笑、まあ私はNaoたちにすぐに会えるんだけど)。
乗れてよかった!!
そして、日本からの友人一同は、一路Parisに向かい、その日の宿にチェックイン。
その後、みんなでご飯を食べに行きました。
食べたもの。
web32.JPG
おいしかったーー!!
このほか、スープとかサラダとかワインとかけっこういろいろ頼んで、それでも一人頭20ユーロぐらい。
こんなに安くていい店なのに、お客さんが私たち以外誰もいなかった(笑)
貸しきり状態で、夕飯を楽しんだ後、もう一軒君ちゃん(フランス通、フランス語もばっちり☆)にBARに連れて行ってもらい、お酒を楽しんで帰りました。

長い一日でしたが、うーん、フランス凝縮☆
しかも、やっぱり友達みんなでいくと、楽しさも倍増!と思いっきり楽しんだ一日でした☆


スポンサーサイト
2009-05-03 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
パーティーの次の日は、みんなゆっくり起きだし、ただただのんびり過ごします。
ちなみに、ゲストのほぼ全員が、マノワーに泊まりました。
その数約50人ぐらい?もっと多い?
それだけの人数が泊まれる家って、どんなだ?っていう話でしょ。
ちなみに、新郎新婦用にはスペシャルな天蓋つきベッドの付いた部屋がありますが。
・・・そこに二人がいたのは、たぶん3時間ぐらいと思われます・・・。

そして、親戚や友達一同が昼ぐらいにはそろって、ブランチ食べたり、クレープ焼いてくれたり。
私も、この日は何もしない。と決め(笑)、ただひたすらリラックスして、ご飯食べたり、バドミントンしたりペタンクしたりしました。

そして、日本から参加した新婦友人たちが、密かに計画していたこと。
それは、クロカンブッシュを作る!!

というのも、当初の予定では、結婚式が行われた地方のケーキ屋さんでは大きなケーキを取り扱っておらず、普通のケーキになる・・・。という、Naoの残念そうな声を聞き、私がみんなにどうにかならないかと声をかけ、みんなが賛同してくれました。
結局、Naoはクロカンブッシュを注文して、パーティーでも無事ケーキ入刀ができたのですが。
急遽私たちは、「日本のお菓子で、ケーキを作る!」という目標に変え、Naoの目を盗んで作り上げました。

できた作品がこちら☆
web24.JPG
さすが岡山でしょ(笑)
Naoも喜んでくれたかな?

ちなみに、マノワーの前で、みんなでパチリ☆
web25.JPG

みんな、夕方(といっても、日が長いので8時ぐらい)までゆっくりした後は、その日に泊まるホテルに移ります。
この日のホテルは、Brestの有名な灯台から歩いて5分の、景色絶景のホテル☆
夕日を見に、みんなで散歩したり、部屋飲み会をしたり(ビールを開けようにも、栓抜きがなくて大苦戦。最終的に、部屋のドアの凹みで空けるという荒業をくりひろげた私たち。)、これまた楽しい夜を過ごしました。
もう、ガールズトーク炸裂。
黒1点だった長谷君、ごめんね(笑)

Brestの夕焼けに映える教会&灯台です。
web27.JPG




2009-05-02 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
4月29日
ドイツを後にし、一路フランスへ。
ユーレイルパスを使い、楽々電車で移動です。
それにしてもDB(ドイツ鉄道)、かなりの乗り心地のよさです。
あっという間に、Parisに到着。
そこからTGVに乗り換え、Nao達が住む町、Nantesに向かいます。
1日10時間かけての大移動。

Nantesで、Naoたちと再会し、一緒に結婚式に参列するNaoの友達のノルウェー人のKariとドイツ人のNikoと合流した後、翌日、挙式の行われるBrestに移動します。
Brestはロホンの生まれ育った町で、実家もその町にあるので、結婚式はその町で行われます。
NantesからBrestまで車で4時間。
たくさんの荷物があるため、車2台にわたっての大移動です。
Brest到着が夜10時。
さすがに日暮れが遅いヨーロッパでも、さすがに日が暮れていました。
それにもかかわらず、ロホンの家族がみんなで迎えてくれて、晩御飯まで作って待っていてくれて感動!!
フランスのママの味を堪能することができました☆

5月1日
さて、ここから忙しくなります。
二人の結婚式は、挙式は近くの教会で挙げるのですが、その後の披露宴&Partyはマノワーと呼ばれる貸し家(むしろ城)を借りて、行われます。
いろんな目的に使われるみたいで、装飾とかは皆無。
なので、みんなでテーブルセッティングやインテリアの飾り付けをしにいきます。
午前中、みんなで力をあわせて、あーでもないこーでもないと言いながら準備をし(それもまた楽しいのですが。)、そうこうしているうちにお昼。
私たちが一度家でご飯を食べていると、Naoの家族が到着して、そこからは両家の家族が初対面。
にぎやかに、紹介やらプレゼント交換やらが始まります。

そして、私が二人に描いたウェディングボードも無事にNaoママに持ってきてもらって、渡すことができました。
すごくここにたどり着くまでにいろいろあって大変でしたが・・・。
まあ、無事に渡せたので、いいこととしましょう。
web26.JPG

ちなみにたくさんの人が集まるので、ロホンパパがたくさん買ってきました。
本当はもう一束あります。
フランス人には絶対に欠かすことのできない主食。
web22.JPG

昼間からみんなで楽しいお酒を飲んだり、話したりして、比と段落着いたらまたマノワーに準備に行きます。
最終テーブルセッティングや、みんなが寝るところをセッティングして、もう時間は夜の9時。
今度はBrest空港に、日本からはるばるやってきた、友人たちを迎えに行きます。

それにしても、みんなよく来たなー。
私やNaoの高校時代の友人が、計6人も日本からフランスへ。
なんて腰の軽い友人たちなんでしょう。
楽しくなりそうな予感☆

そして、みんながそれぞれのホテルに見送った後、私たちは最終準備を家でします。
私の就寝時間、AM3時半。
花嫁花婿、それよりも遅い。

・・・寝ましょうよ。肌によくないよ・・・。
そして、いよいよ結婚式当日!

にもかかわらず,花婿であるロホンが,午前中にBRESTの町で開かれているマルシェ(朝市)に,友人たちとNAOの家族を連れていってくれました。
って、花婿だよね?
朝市はとてもにぎわっていて,靴やら洋服やら野菜やら魚介類やらいろいろと売っていて,楽しかった!
しかも、朝市がある場所がBRESTの旧市街地にあたる場所で,趣きがあって、とてもフランスの田舎町を堪能できました。
web23.JPG
ありがとう,ロホン。
みんなでイチゴを買って,食べながら帰宅。

そして,そこからバタバタと用意して,いよいよ結婚式が始まります。
私は自分の格好を整えるのも去ることながら,NAOの着替えの手伝いをしたり,花嫁付き添い人として(?)、いろいろと起こるハプニングに対処したりと大忙し。
ちなみに、この日の写真はわけあってデジカメとはぐれてしまい,まったくありません.
友人の写真に頼るのみです。
みんな、わけてくださいな。

ロホンの家の近くの教会で式を挙げたあと、みんなでBRESTの灯台近くに行って,観光+花嫁花婿写真撮影.
その後,マノワーに移り,パーティーがスタート!
パーティーは,フランス式にゆっくり進み,8時にスタートしたパーティーは,盛り上がり最高潮のシャンパンタワーが夜中12時。
そこからダンスタイムが始まります。
おいしいご飯をしっかり食べ,飲めや踊れやで解散が朝5時。(私は4時にダウンしました)
なんてみんなパワフルなんだ。
フランス人のエネルギーには(特にお酒に対する),びっくりするばかりです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。