-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-09 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ

10月14日
さあ、Red Centerのツアーが始まりました。
途中、前日の雨のせいで道が水につかり、足止め食らうこと3時間。
そのため、予定が変更され、次の日に行く予定だったエアーズロックにまず最初に行くことに。
エアーズロックに登山希望だったのですが、前日の雨のため足場が悪く、登ることはできず、残念。
すごーーーーく、残念です。
またいつか来て、今度は登ってやりたいなー。
でも、エアーズロックって、アボリジニの聖地で、彼らは登ることをやめてほしいと思っているので、今回は彼らの主張を尊重したと言うことで。
・・・でも・・・、登りたかった(涙)

登れない代わりに、エアーズロックの周りを9KM歩きました。
ちょっと小雨がぱらついたりもしましたが、楽しく歩くこと2時間半。
最初は「うわー!すごーーい!!」と感動していたエアーズロックも、2時間半隣にあり続けると、そのうち存在忘れます(笑)
でも、新しく友達になったNobuやYukaちゃん、そしてユッコと楽しく歩きとおしたのでした。

そして一週歩いた後。
奇跡的に10分間ほど夕日を見ることができました。
地平線と雲の間にほんの少し隙間ができて、そこから夕日が私たちとエアーズロックを照らすと。
なんと。
あたりが一面真っ赤に染まります。
エアーズロックも、ちょっとピンクがかったきれいな赤色に!!
本当に感動の瞬間でした。
ちょっとでも夕日が見えて、そして赤いエアーズロックが見れてよかった!!
その赤色は、すぐに終わってしまいましたが、オーストラリアの醍醐味を味わった気分にさせてくれたのでした。

運転途中に突然ガイドさんが車を止め、走り出し、捕まえてきたトカゲ(笑)
ウルトラマンに出てきそうです。
tokage

10月15日
早朝、エアーズロックの日の出を見るために起こされる。
この日は朝起きてみると、快晴。
昨日の曇りが嘘のように晴れていました。

旅の仲間と、朝焼けの中で1枚☆
With Ayrs Rock☆

前の日に、ツアーガイドに「たぶん明日晴れると思うんだけど、晴れたらエアーズロックに登れる?」と聞いたところ、
「いや、絶対に明日は晴れない。雨だね。だから君たちはエアーズロックには登れないよ。」と答えられていた私。

嘘つきーーーーー!!(怒)

まあ、日の出が見れるだけでもよしとしようと思いつつも、なんだかしこりが残ったまま、日の出絶景ポイントへ。
あさのエアーズロックを楽しんで、その後、Olgasへ向かったのでした。

Olgas。別名・風の谷。
エアーズロックが下から持ち上げられて突起した一枚岩なのに対し、Olgasは、大地が削られてできたもの。
なので、高さが同じの山のような、岩のようなでこぼこがたくさんある地形です。
そして、風の谷の由来は、風が吹くと、その谷を風が通るとき音がするのだとか。
そして、名前から連想されるとおり「風の谷のナウシカ」のモデルになったとも言われています。(近くに腐海はないけどね)
しかし、私たちが行ったときは、快晴。
いや、うれしいんですけど。雨に比べればぜんぜんいいんですけど。
人間っていうものは欲張りなもので。
・・・風が吹いてほしかった(泣)まあ、晴天の中、気持ちのいい汗をかきながら、7KMのブッシュウォーキングを楽しみました。

Olgas

そしてその夕方、次の日の目的地Kings Canyonの近くのキャンプ地に移動。
「今日の夕日はどこかで見ないの?」とガイドに聞いたとろ、「ああ、そこらへんの山に登れば適当なのが見れるよ。」と。
・・・(怒)
なんか、このガイド適当だなー(怒)と思いつつ、そこら辺の山、というか崖を登り、ベストポイントを探す。
この時、日本人以外は「めんどくさいから行かない。」とキャンプ場に残る(笑)
日本人だけで崖を登り、草を掻き分け、あたりが見渡せるポイントを見つけました。
なかなかきれいでしたよ。
完璧な夕日。きれいな夕焼け。
オーストラリアの大自然を満喫しました。

その夜は、キャンプファイアーを囲んで、みんなでおしゃべり。
ガイドは一人でギターを弾きながら歌を歌っていました。(しかし誰も聞いていない(笑))
いろんな人と話しができ、楽しい夜になりました。

10月16日
この日はKings Canyonへ。
いやがおうにもハーフコースを勧めるガイドを押し切り、フルコースを歩く。
結構きつかった・・・。
でも、楽しかったーーー。
景色もいいし、天気も暑すぎず、雨も降らず。
ユッコといろんなことを語りつつ、オーストラリアの大地を思い切り楽しんだのでした。

ちなみに。ここに来てですが。
もうご存知の方、お気づきの方も多いとは思いますが、あの大ヒット作「せか○ゅー」の撮影のクライマックスのシーンは、このRed Center付近。
映画のほうは、みなさんエアーズロックだと思ってる人が多いみたいですが、実はエアーズロックではなく、砂漠の道端のちょっと小高い丘だとか。
そしてドラマのほうは、Kings Canyonで撮影されたらしいのです。
「きっとここが、あの場所に違いない。」と思いつつ3時間。
結局どこがどこだかわからず終了(笑)
いいんです。ここがそうだと、思ったところがそうなんです(笑)
・・・まあ、私、そんなにじっくりドラマも映画も見たことがないのですが(爆)
でも、さすがに車の中で、平○堅が聞きたくて仕方ありませんでした。
これから、行こうと思っている方、持参することをお勧めします。
…っていうか、ガイド、用意しとけよ!!(他力本願(笑))

こんな感じで、Red Center Tour終了!!
走行距離、約1300KM。
いろんなハプニングに見舞われつつ、楽しい旅になりました。
新しい友達もできて、とっても楽しかったです。

ただ、一つ。
ガイドの良し悪しがかなり重要。
私たちのガイドは・・・、この日記を読んだ人の判断に任せますが(笑)、このほかにもいろいろあったんだよーー。
本当に、旅って人が大事なんだな。と思った旅でした。
次は、3Mのカンガルーが見たいなー・・・。(いるらしいよ、本当に)

キングスキャニオン写真集☆
kings Canyon

Kings Canyon2



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/117-7e450ba8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。