-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-23 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
4月27日
午前中は妹の挙式。
朝早くから準備が始まり、私もその手伝いに。
というか、むしろカメラマン。
妹のセット途中の頭を、「あー、鶏の頭みたいだー。」と言いつつ、写真に収める(笑)
ヘアメイクさんが、ドイツ人(女性)とイタリア人(男性)のコンビで、思いっきり外人メイクをしてもらっていました。

できあがりはちょっぴり大人っぽいオードリーヘップバーン風。
イタリア人のヘアメイクさんも大満足のご様子でした。
っていうか、この妹、ウェディングドレスや靴、挙句に造花のブーケまで持って今までドイツを3日間旅行してきたと言うから、見上げた根性です。
ちなみに、スーツケース2つに大きいバックパックで移動していた二人。
この挙式が終わったらスーツケースは日本に送り返す!という予定のもと、一つのスーツケースは挙式用品とお土産類で溢れ返っていました。
よくここまで来たもんだ。
そして、その妹婿が持っているバックパック、ぜひ私の次の旅行のために貸していただきたい…。

そんな感じで用意をして、挙式の行われるホーンブルク城に出発。
その城の中にある小さな教会で挙式を挙げました。
ここは、城とは言っても、もともと貴族の別荘のために建てられたものらしく、城というより豪邸。
今はいろんな国のウェディング会社が共同で買い取り、挙式用施設として使われているらしいです。
その教会は、すごーく小さい。でも、その小ささがかわいい。
また、金持ちの別荘用に建てられたものだけあって、街からは離れているものの、すごーく景色がいいです。
ちょっと曇っていたのが残念ですが、遠くに見えるスイスの山々、その前に広がるルツェルン湖、それを高台から見下ろす感じになります。
庭もイギリス庭園風に整えられており、写真を撮るには本当に最高です。
また、豪邸のほうも挙式の後にちょっとしたパーティー用に使えるようになっていて、そこでシャンパンで乾杯したり。
素敵な挙式でした。
うーん、山の挙式もいいもんでしたよーー。
誰か、またここで挙式してくれないかなー…。

教会、中はすごく小さくてびっくり!!でも素敵でしたー。
妹から顔出すなと、言われてるんだけど、これならわからないだろう・・・。
結婚式

挙式&パーティーが1時間ちょっとで終わり、またホテルに戻る。
妹は余韻も何もなく、ドレスを脱ぎ、荷物の詰め込みに取り掛かる。
妹婿は、タキシードを脱ぐ間もなく、PCをネットに繋ぐ。
…なんだ、この夫婦?(笑)
まあ、そんな夫婦はほっといて、ちょっぴり疲れたので、いったん部屋で休憩を取る。
1時間半ぐらいうとうとだらだらしていると、妹から内線が。
「お姉ちゃん、準備できた。お昼ごはんと観光に行こう。」

…こいつら元気だなー。と感心。

午後はまたルツェルン散策。
本当はピラティスとかちょっと遠出をしようかと思っていたけど、やっぱり疲れていたし、空模様もあやしかったので、近場をゆっくり周ることにしました。
川で白鳥に餌付けしたり。
餌付けついでに白鳥を道路まで誘い込み、わざわざ歩かせてみたり。(鬼畜)
あと旧市街地の北を走る、城壁に登ってみたり。
いやー、城壁っていいですね。
大好きです。城壁(笑)そこに城壁があるならば、登らずにはいられませんね。登るべきですね。
その城壁の近くにいた牛に追いかけられてみたり。
その後旧市街地を通り、ケーキセットを食べ、お土産を買い、カペル橋を渡り、一度ホテルに帰り、また夕食に出かける。
元気だなー、うちら。そしてよく食べるなー。
書くの忘れたけど、散策行く途中にも一回ご飯食べてるし。
面白かったのはカペル橋。
ここは昔、ペストがはやった後に、その災害を忘れないように流行の様子なんかの絵が描かれたりして、ちょっとした博物館的な要素もこめられつつ作られた橋。
しかし、20年ほど前に、タバコのポイ捨てによって火災が起こり、4分の3ほどが焼けたらしい。
今は、また同じ建築で立て直されいて、ペスト流行の絵が修復中です。(けっこうグロテスクなので(なにせペストだから)、出来上がりがすごく楽しみ!!と言うわけではありませんが…)
そして何より笑ったのが、その炎上している様子の絵葉書が売ってた(笑)そのときは「買いたいけど、なんか切ないよなー。」と思って買わなかったけど、今となれば、「買えばよかった」と少し後悔(笑)
いやー。見事に炎上している写真でした。
次に行くことがあれば、買おう。

そして、夜は妹が行きたがっていたスイス料理の店に行き、夕食。
楽しくスイス料理をいただきました♪
そして、こんな夜なのに酒を飲むのは妹婿一人。
うちの家族は全員下戸。
妹婿も、さぞかし肩身が狭かっただろうに…。ま、気にしてないと思うけど。
帰りは、変わったショーウィンドウを楽しみつつ帰りました。
私はここのショーウィンドウがすごく気に入った☆
本当に変わっていて、かわいくて、斬新。
こんなショーウィンドウだったら日本も楽しいのになー。
そんなところにヨーロッパ独特の雰囲気を感じたのでした。

ルツェルンの城壁。城壁マニアにはたまりません。上も歩けます。
ルツェルンの城壁

うわさのカペル橋。今はいたって風光明媚な素敵な橋。あんなに炎上していたとは思えない(笑)
カペル橋

そしてこれは薬屋さんのショーウィンドウ。昔の魔女風の薬や材料が並んでいます。
不思議ディスプレイ


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/126-b47bd89d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。