-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-26 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
30日
本当はベネツィアに日帰りで行く予定だったのですが。
倒れている人を置いて、丸一日遠出をするわけにもいかず。
ミラノ観光2日目です。

相方は結構よくなってきたようなので、携帯もあることだし、親子3人で軽く観光に行くことに。
まず地下鉄に乗って、ダメ元で「最後の晩餐」を見るために、マリア・デレ・グラッツィエ教会に。
この日あたりは、もう日本もゴールデンウィークに入っていて、そしてヨーロッパもホリデイに入っていて、たかが個人旅行ではチケットが取れなかったのです。
でも、もしかしたらキャンセルチケットなど…。と思って行ったのですが。
教会の外にまで、旅行者の行列(主に日本人)。
それでもしつこく、受付カウンターまで行ってみる。
すると、前にイタリア人カップルがいて、何かを掛け合っているようだが一蹴される。
「あー、きっとこの人たちもキャンセルチケットを聞いてみたけどなかったんだろうな。」と思いつつ、とりあえず私も聞いてみる。
受付の、美人のお姉さん、かなりイライラしたご様子。
最初は英語で「キャンセルチケットはないわよ。」と言い、その後イタリア語でなんだかわめき始める。
「うわー、怖い。退散、退散。」と思って一時退散。
それでもちょっと未練がましく、受付カウンターの方を見ていると、またそこに新しいカップルがキャンセルチケットについて聞きに行った。
そのとたん。
受付のお姉さんが、キレた!!
机を大きくバン!!と叩き、立ち上がり、イタリア語でキャンセルチケットはないわよ的なことを叫び始めた(笑)
仮にも世界一有名な絵画を取り扱う、受付の顔と言うべきお姉さん。
そのキレっぷりは恐ろしかったです・・・。?ä
言うまでもなく、私たちはこそこそと逃げ出しました。

その後、昨日行ったスフォルツァ城にもう一度行き見学。
そして、お母さんが行きたいと行っていた骨董市に行くためにナヴィリオ運河(実はここはダヴィンチが設計したらしい。後から知った)に行き、冷やかし&お母さんはイヤリングを購入。
そこから、トリノ通りを歩いてウィンドウショッピング(日曜日なのでほとんど閉まっていた)しつつ、無印○品ミラノ店を見て「安くないと無○の意味がないよねー。」などと批判したりしつつ、教会めぐりをしてまたドゥオモ広場に出る。
教会はすごいねー。さすがに素敵です。
場所によって、ミサをしていたり、アヴェ・マリアが聞こえたり。
あと、ミラノの市街地はところどころに昔の城壁後が残されていたりして、情緒たっぷりの街歩きができました。

その後ドゥオモに到着(お母さんたちは2回目)。
しかし、すごく楽しみにしていたのに、ここでも修復中。
まあ、しょうがないので、気を取り直して、屋上に行けるか聞いてみる。
しかし、ここでもホリデー中(そういえばヨーロッパはイースターからメーデーにかけてのホリデーだった)と、ゴールデンウィークに入りつつあったので日本人が溢れていて混雑防止のために屋上に行けず。
それも、ものすごく態度の悪いお姉さんが、足を机の上に上げ本を読みながらこっちに目もくれず、答えてくれました?ä?
イタリアってこんな国なの?
それとも日本の接客に慣れている日本人が悪いの?
そういえば、一回もナンパされなかったし…(関係ない)。
あとは、お土産を買って、地下鉄で帰りました。

その夜はちょっと調子のよくなった相方を連れて、最後の食事としてミラノ風カツレツを食べるためレストランへ。(相方はリゾット)
なんだか、おいしいかおいしくないのかよくわからないカツレツを食べ、ミラノ最後の夜を過ごしたのでした。

サン・マリア・デ・レ・グラッツィエ教会の庭。
庭だけでも十分にきれいでした。
サン・マリア・デ・レ・グラッツィエ教会の庭

ドゥオモの側壁。
いったいどのくらいの人がどのくらいの時間をかけて作ったのか、そして彫られているキリストの表情の多さにただただ感嘆するばかり。
Duomo



5月1日
昼過ぎにミラノ空港発で帰る。
午前中ちょっと時間があったので、相方を連れてとりあえずドゥオモを見せてあげる。
この日も屋上に上がれず。
本当に私たちは運が悪い。というか、時期が悪い。
お土産を買い、ホテルに一度帰り、空港に向かいます。
お父さんとお母さんも、ホテルの近くのスーパーでお土産を買っていたらしい。
お父さん、かなりのスーパーマーケットマニアになっていました(笑)

空港でチェックインをして、時間があるので最後の食事を空港のフードコートで取る。
その後、まあ時間の限り空港をうろうろして、搭乗。
私たちは東京行き、両親は大阪行き。
私たちのほうが搭乗時間が早かったので、両親の搭乗ゲートとかを再三確認しつつ、心配しつつ搭乗。
無事日本に帰ってきたのでした。

今回の旅の結論。
1.自由旅行は、バックパックでなるべく行こう。スーツケースは辛い。
2.自由旅行は、なるべく時間のゆとりを持っていこう。途中下車が楽しかったりするしね。両親がいなかったら、ホテルとか決めずに行っても楽しいだろうな。(オーストラリアで何度かヒヤヒヤした目にあってますが)
3.体調は万全に。私も前半、歯が痛くてご飯食べれなくて辛かったー。でも、観光はなにがあっても行く。
4.シーズンを選べ。オフシーズンが絶対にいいです。
そんな感じでございます。
まあ、いろいろと経験させていただきました。
今度は、治安が悪くても、人がよさそうな南イタリアのほうに行きたいと思います。
あ、ヴェニスにはもう一度行ってもいいかな。
車で周っても楽しそうです☆
とりあえず、無事に日本に帰ってこれて何より。
楽しい家族旅行になりました♪

さて、次はどこに行こうかなー。
でも、貯金が全部消えていったなー…。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/129-15a0947c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。