-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-05-11 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ


3日間で読破しました。
通勤の行き帰りと、帰宅後1時ぐらいまで読んだり。
会社帰りにお茶しながら読んだり。

そんな時間がたまらなく至福なのであります。
特にカフェでまったり読書最高!!

図書館から借りてきて、上・中・下巻の中巻が予約してから1ヶ月ぐらいかかり、手元に届いたときには、上下巻が延滞状態・・・。
「1ヶ月以上延滞すると、貸し出しできなくなります。」とまで言われたので、少しでも早く返却しようと、必死で読んだのでした(笑)

内容は、あのダヴィンチコードの前に起こった話。
なかなかおもしろかったです。
ダヴィンチもそうだけど、本当にヨーロッパの歴史や宗教や美術館の展示品がわかりやすく、そして面白く、ストーリー性を持って描かれているので、今すぐにでもイタリアに行きたくなりました。
話のどこからどこまでが本当で、どこからがフィクションなのか、どんどんわからなくなってきます。
でも、それが楽しかったり。

私は宗教的なうんちくが嫌いではないので(キリスト教でも日本の宗教であっても)、楽しく読むことが出来ました。
最後のどんでん返しも、まあ、ありでしょう(笑)
ダヴィンチコードが好きな方にはお勧めです。
読んだことがない人も、謎解きやミステリー、アドベンチャーが好きな人にはいいと思います。
けっこう読みやすいので、本が苦手な方も大丈夫だと思いますよ☆

あー、イタリアに行きたい(笑)
そして宗教美術学、勉強してみたい!
・・・たぶん1日でギブアップだと思うけど(笑)

ちなみに、この作者の本はハードカバーよりも文庫本がお勧め。
本文に出てる、教会や美術品も楽しめます。
なにしろ読みやすいしね☆


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/144-b853f972
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。