-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-20 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
3日目。
この日は早朝ダイビング。
朝6時ぐらいから、Grottoに潜りに行きます。
ということは、朝5時起き。
…そんな朝早くから、あのGrottoの階段、昇り降り出来るかな…。

それよりも、不安でなおかつ腹立たしいことが、この3日間、毎日ありました。
それは。

モーニングコール。

毎朝8時とか7時半に、ダイビング会社から迎えの車が来るので、絶対に寝坊はできません。
なのに、私たちの泊まっていた部屋には、目覚まし時計はおろか、時計さえついていない始末。。
携帯電話で目覚ましをセットするも、下手に3Gとかだから、いつ迷惑メールが入ってくるかもしれないし、その電話代ももったいないし。
しかも、3G設定を切っていると、今度は入らない電波を携帯が勝手に探そうとするらしく、電池の減りが早い。
帰国したときに電池がなくなっているのは、いざと言うときに困るのでそれは避けたい。

ということで、モーニングコールを頼んだのですが。
この3日間、連続、間違いモーニングコールです。
しかも、かけてくる時間が微妙に早い。
1日目、起床時間の30分前(ちなみに睡眠時間は5時間ぐらいしかなかった)。
2日目、起床時間の1時間前(なぜ早くなる??)
3日目、起床時間の1時間前(・・・怒、しかも早朝ダイビングだったから、さらに朝早い時間!)

もう、途中から信用してなかったけど(怒)
1日目は、寝起きだからボーっとしたまま、少しムッとしつつ、「あのー、7時にお願いしたはずですが。」と伝える。(英語で)
2日目は、かなり不機嫌な状態で「7時と言いましたよね。1時間後にかけなおしてください。」とキレる。(英語で)
3日目は、「・・・っつーか、4時半って言ったよね?英語がわからないのか?ふざけんな!もう1回確認しろ!!」とブチキレる。(英語で)

っていうか、1回間違いで起こされると、次にまたかかってくるか不安だし、腹が立つしで眠れなくなるんだよ---!!
もう、毎朝ぶちキレながらの目覚め。
その後わかったことは、必ず正しい時間には日本人のスタッフが電話をかけてくる。
・・・ということは、その前に電話をかけてくる、現地スタッフはなんのために電話してきてるんだ??
間違いにも、ほどがある!!
私の貴重な睡眠時間を!!

そしてあまりにも腹が立つけど、もう一回眠りたくて、うーうー言っている私を、横でTomomiは寝惚けながら、
「きょうちゃん、寝起きなのに英語でクレームが言えてすごいねー・・・。」
とほめてくれました。
うん、私、寝起きでも英語でけんかができるみたいだね。

そんなことがありつつ、寝不足なまま早朝Grottoに。
向かう途中に朝日が昇ってしまいましたが、朝焼けのサイパンは本当にきれいでした。
そして、早朝でも私は階段の昇り降りが無事にできました。
よかった、ジムに通ってて。
体力にかなり不安のあるTomomiは、インストラクターの人に、
「機材だけではなく、私もおぶって下まで行ってください。」
と、無茶ぶりをし、インストラクターの人に、
「じゃあ、階段の上から機材付けたまま投げ込んであげるから、そのまま転がり落ちて、先にドロップイン(水に入ること)してていいよ。」
と言われてました。
ちなみに、階段は130段です。
高低差20メートルぐらいある後に、岩があります。

頑張って転がれ、Tomomi。
いいなー、早く水に入れて。

そんなこんな言いながら、無事にダイビング終了。
・・・早朝って、カメが絶対にいるって言っていたのに・・・(涙)
みんなでがっかりしているところに、インストラクターが一言。

「カメ、いっぱいいたね。」

記憶操作が行われています!!
そ、そういえば、カメ、いたかも・・・(嘘だーーー!!)

その後、午前中1本、午後1本、ビーチダイブに行きました。
オブジャンというポイント。
ちょっと波が出てきていて、潮の流れが速かったので、珊瑚にぶつかりながらのイン&アウトが怖かった・・・。
同じポイントで潜るも、1回目は魚や珊瑚を見ながらゆっくり。
2回目は、海底白浜で、まったりダイビングでした。

2回目の海底白浜でまったりダイビング。
目の前に広がるのは、真っ白の砂底と真っ青な海、そして頭上には海面越しの真っ青な空。
もう、そこに佇むだけで、癒されます。
そんな真っ青な空間に、自分たちの吐き出した空気が、空に向かって登っていく・・・。
Tomomiと二人で並んで座って、ボーっとまったり癒されていると。

突然頭上から、ダブルピースを掲げた姉さんが飛んできた!!
そして、私のフィンを無理やり脱がせると、そのまま裸足でかけっこを始める(笑)
でも、かけっこをするとすぐにエアーがなくなることに気づき、次にくるくる二人で回り始めてみる(笑)
ダイビングって、こんな楽しみ方もあったんですねー。
そのうち、インストラクターも加わり、フィンを投げ合って、そのフィンの上をどこまで歩いて渡っていけるかチャレンジ。

逆に、一生懸命すぎて、エアーの消費量がすごいんですけど(笑)

そんな感じで、楽しく最後のダイビングで、新しい楽しみ方を教えてもらい、大満足で陸に戻る。

この日が私たちはダイビング最終日だったので、その後ログ付けをして、一旦ホテルに帰ってプールでひと泳ぎして、Tomomiに部屋から閉め出され、なんとか開けさせてシャワーを浴び、一息ついてから町に出ます。
お土産をちょっとだけ買って、その後はみんなで食事に行きました。
メニューは中華☆
豚の角煮が、かーなーりーうまかったです。
そして、楽しい食事でした。
また、サイパンに来て、みんなで一緒に潜れたらいいなー☆

そして翌日、飛行機早朝便で、名古屋まで帰ったのでした。
名古屋の空港のお風呂にはじめて入ったけど、よかったよーーー。
あの温泉、また今度絶対に行こう。
シャンプーだけでも、髪の毛潤うし。
海疲れの後には最高です☆

そんな感じで。
また、サイパンは近々行くことになりそうです。
ここには書けなかった、いろいろな失敗の穴埋めをしに行かないといけませんし・・・(ギャーッ!)。
とにかく、また次回も楽しみです。

とりあえず、次回までに。
1、副鼻腔炎を治しておく。
2、体力をつけつつ、もう少しやせておく。

これを目標に頑張ります。


スポットライトでの私(たぶん)。写真はTomomiがくれました☆
spotlight

早朝GROTTOの後に、みんなで記念撮影☆
GROTTO☆

ホテルの部屋からの夕焼けです。オーシャンビュー素敵☆
ホテルの部屋からの夕暮れ☆

車の荷台に乗っての移動中に撮影。気持ちよかったよー☆
荷台から☆その1
荷台から☆その2


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/212-3670e05a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。