-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004-11-12 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
初☆Job!
分からないことだらけだけど、アシスタントとして一緒に働く、リエとノブさんがとてもいい人なので、本当によかったです。
そして生徒さんも、とても雰囲気がいい!!
Moniqueのところに集まるのは、やっぱり楽しい人たちなのね☆。と安心。
そして、授業中にもかかわらず、お盆を回したり、新体操の練習をしたり、絵の教室ではありません。

ここで、Moniqueに聞いた、Funnyな話を一つ。
Australiaでは、庭にGnome(ノウム)という小人を飾ることが伝統的。白雪姫の小人みたいなものね。
そのパターンも専門店があるほど豊富らしい。
しかし、Moniqueはノウムが大嫌い。
「なんで?」と聞いたら、「庭がきれいな庭ではなく、それメインの庭になるから。」
…なるほど。
しかし、Moniqueのお隣さんはノウムが大好きで、ノウムの村かと思われるほど庭にノウムがあふれている。そして、新しいノウムを買ってくるたび「ほら、素敵でしょ。」とMoniqueに自慢し、Moniqueも仕方なく、「ああ、そうね。」と相槌を打つ毎日。
そんなある日のこと、Moniqueがマーケットを歩いていると、ノウムを打っているお店があり、そこになんと、背中をナイフで刺された形のノウムが!!
Moniqueはそれを一目見ると「これだ!」と思い、即買い、家に持って帰り、白い石膏のままだったノウムに丁寧に色をつけ(さすがアーティスト)、背中には血に見えるように赤い絵の具を塗り、夜中に隣の家に放り込んだ。
翌朝。
いつものように、洗濯物を干していると、「おはよう!」と言いながらお隣さんが家から出てきた。
「おはよう!今日もいい天気ね!」と返事し、いつもと変わらないふりをするMonique。
すると、「きゃあ!!何これ!!」
待っていたお隣さんの悲鳴!!
そこで、Moniqueはこう言いました。
「あ、そのノウムね。昨日うちに無断で入ってきたんだ。だから、あまりにも頭にきて後ろから刺しちゃった。そしたら、よろめきながら逃げていったんだけど、とうとうそこで命尽きちゃったのね。」

私は爆笑しました。
本当に、Moniqueって人は…、大人なのに、子供です。
でもその純粋さと、Funnyさがすばらしい芸術を生み出してるのは間違いない。
私も、ここでたくさんのFunnyな体験をしていきたいなー☆


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/3-31bd0dfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。