-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-01-29 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
今日は、まず朝一番に、ゴールドコーストの海を散歩。
せっかくゴールドコーストに来たのだから、ビーチは見ておかないと。
今日の波はちょっと高めで、サーファーが結構いました。
永遠と続く、ゴールドコーストのビーチに両親も感動した様子。
アイスクリームを食べつつ、一度ホテルに戻り、車をレンタルし、早速出発。
次は、うちのシェアハウスに来て朝BBQパーティー☆
SueとGinny、Sueの両親のJudyとBillが本当に暖かく迎えてくれて、本当にうれしかった!!
オージー風BBQを楽しみ、Ginnyにお土産の山を与え(Ginnyは大興奮。以外にもけんだまにはまり、ずっと練習していた)、お母さんは習字を披露(お母さんは習字の先生)。
会話が途切れることのない1時間半になりました。
…会話が途切れることのない…、もちろん通訳は私。
オージー4人、日本人3人、これがみんな一度にしゃべる!!
一人一人を通訳するのでも大変なのに、一度にしゃべられても聞き取れません。
しまいには、とりあえず両親に「だまって」と言い、向こうを通訳するのに徹しました(親不孝)。
ちょっと頭が痛くなりかけた時間でした(笑)

そして次に、うちらが向かったのは、ブリスベンの東にあるノースストラドブローク島という砂の島。
砂の島といっても、木も生え街もある大きな島なんだけどね。
何度も道に迷いつつ、カーフェリーを使い(高い!!あまりお勧めしない…。たぶんツアーを申し込んだ方が正解だったっぽい)到着。
海がきれい!!ブリスベン近辺や、ゴールドコーストの水よりも青く、そして透明度が高く本当にきれいな海でした。
何箇所かに散歩コースがあり、その散歩コースを歩き(真夏の炎天下の中、1時間半ぐらい歩いた。お母さんは倒れそうだった)、島内見学。
何度か散歩コース以外のかなり危険な道を歩いたりして、岡山人根性を発揮しつつ、楽しんだのでした。
歩いた後に食べたアイスクリームがまたうまかった!!
水着を持ってくれば泳げたのだろうが、あいにく持ってくるのを忘れていて泳げず。
途中にきれいな湖とかもあって、本当に惜しいことをした。
今度来る時はツアーできて、シュノーケリングやサーフィンレッスンをしようと心に決めた私。
次に来ることはあるのかしら…?
海洋生物がたくさん生息しているとのことで、楽しみにしていたのだけれども、残念ながら海がめしか見ることができず。
いや、海がめが見れただけでもすごいのか…。
お母さんは海がめに大喜びでした。

そして島から帰り、夕食を食べようとのことで、きれいな夜景の見えるマリーナミラージュという港へ。
そこで、お母さんが「どうしてもシーフードが食べたい」と言い張り、ちょっと高級なシーフードレストランへ。
そしてそこで出てきたのが、カキ、エビ、カニ。
カキはいい。おいしかった。そして食べやすかった。
しかし、エビとカニ…。
もちろんエビも手づかみで。手で殻をむく。(高級なレストランではエビもフォークとナイフで食べるらしい。っていうか無理)
カニ…、これが一番困った。このときほどかにスプーン(先がちょっと鉤爪状になった、カニを食べる用のスプーン)が欲しいと思ったことはない。
カニスプーンを考え出した日本人すごい。
でも、ないものはないので、仕方なくがんばって手で割ったり、裂いたりしながら食べた。かなり苦労した。
まあ、そんな感じで、日本人丸出しの夕食を食べ終え、夜景を楽しみ、両親のゴールドコーストでの予定は終了。
楽しんでもらえたらいいのだけれど。
ホテルの近くに帰り、車を返し、またアイスクリームを食べながら(本日3個目)、夜の街を少し歩いてホテルに帰ったのでした。
明日は朝6時にホテル発、ケアンズに向けて出発。
絶対に、両親、日本に帰って倒れると思います。

ノースストラドブローク島☆
ノースストラドブローク島1

ノースストラドブローク島2

マリーナミラージュからの夜景☆
Marina Mirage


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/36-a65cac64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。