-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-03-19 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
今日は朝寝坊をし、洗濯・掃除・買い物、そしてだらだら本を読んだりするという、とてもゆったりした休日を過ごしました。
日本語の本を読んでいると、近所のGinnyの友達のTailaが遊びにやってきて、私が本を読んでいるのを見るなり、
「Kyoko!!何読んでるの?日本語?Kyoko日本語が読めるの?本当に?」
…私、日本人ですけど。
「読めるよ。日本語も英語も読めるよ。」
と言うと、
「じゃあ、この本を日本語で読んでみて!!」
日本語で流暢に読むと(当たり前)
「じゃあ、それを訳してみて!!」
たどたどしく英語に訳すと
「Kyoko、日本語がわかるんだね!!」
…ええ、まあ。
たぶんTailaは、私が英語が流暢に話せないから、もともと子供並みの知能しか持ってない人だと思っていたらしい。
Tailaは、オーストラリア生まれ、オーストラリア育ち。海外とはあまり縁のない生活をしている。
Ginnyは、半分ブラジルの血が入っているし、前にもこのうちに日本人のハウスメイトがいたことがあるから、日本人にもなじみがある。
そして私がたまに友達を連れてきたりするので、私が日本語は話せるけど、英語はそんなに完璧じゃないと言うことが理解できている。
子供って、家庭環境で世界に対する情報も変わってくるんですね。
私が一番びっくりしたことは、とあるオーストラリア人の子供は、日本人の友達と日本語で話していた私に向かって
「Kyokoはなんで日本語を話すの?普通の人間は英語を話すのよ。普通の人間になりたかったら英語を話しなさい!」
と言った。
その子は友達にも
「Calmの発音はそうじゃなくて、こう。そう。これであなたも、もうすぐ本当の人間になれるわね。」
と言った。
もう、びっくり。この子は、自分の知っているところが世界なんだろう。
いろんな家庭環境があるんですね。
私は、自分に子供ができたら、いろんな国があって、いろんな言葉があって、いろんな人がいるんだよ。と小さなころから教えてあげたい。
そして、目指せ、バイリンガル!!(親が話せないと難しいらしいけど…)

そして今日は「Sahara」というドキュメンタリーのビデオを見た。
アフリカのサハラ周辺を、イギリスの有名な俳優さんが旅をするんだけど。
それを見て思ったことは、もちろんいろんな国があり、いろんな宗教や生活があり、いろんな人がいるということもあるけど。
私が思ったことは、「日本って戦争に負けたんだな。」ということ。
最近、友達が「沖縄に行くと、日本って戦争に負けたんだな。と思うよ。」と言っていたその言葉が、これを見ていて思い出した。
なぜなら、アフリカの多くの国は英語か、フランス語を話す。
現地語を話していても、必ず英語かフランス語の通訳はいる。
南アメリカは、ポルトガル語やスペイン語が多い。
でも、日本語を話す国は他にはない。
それがいい、悪いという意味ではなく、ただ世界の歴史って深いんだな。とただただ感嘆した。
モロッコに行きたい…。昔から行きたいんだよね。
あと、ケニヤにも行きたいし、カンクーンにも行きたい(全然違うけど)。
時間が私にはまだまだあるのか、そんなにないのかわからないけれど、広い世界をこれから少しずつ、自分の目で見て生きたいというのが私の夢でもあります。
まずは、オーストラリア開拓!!
そんな感じで、なんだか世界が狭いのか広いのか、わからなくなった一日でした☆


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/53-be63396b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。