-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-11 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
お父さんに「お前、日記毎日更新!!って言っていたのに、もうしていないじゃないか。」と言われてしまいました。
いや、毎日書きたいんです。
でも、毎日電話をつなげるお金がないんです。
あと、忙しいわけではないけど、たまに早く寝たい日とかあって、毎日つなげられないんです。(言い訳)
だって、人様のおうちですから。
書きたい内容は、山のように溜まっています。
これ、全部一度に日記に書き込むと、大変なことになるだろうな…。
それこそ誰も読まないだろう…。
ちょっとずつ、書いていくことにします。

先週木曜日、チョークアートスクールが終わって、さやちゃんとしゃべっていたら帰りが遅い時間に。
最近はどんどん寒くなり、日が暮れるのも早くなった。
5時半にアトリエを出ると周りはすでに真っ暗!!
「早く帰らなきゃ!」といいつつゲートをくぐっていると。
突然、“チリンチリン”という音とともに、茂みからガサガサと音が!!
「何!?」とびびっていると、何かがこっちに向かって突進してきた!!
ぎゃーーー!!っと叫び声をあげて逃げてみたものの、何なのか確認してみると。
そこには1匹の猫が。
そしてこの猫が、突進してきたと思うと、うちらにおなかを見せてゴロン。
…なんて警戒心のない、人懐こい猫なんだ。(突進してくるな。)
まあ、おなかを見せられたらなでてあげないわけにはいかず、なでてあげていると。
今度は以上にまとわりついてくる。
ちなみにうちらのアトリエは工場地帯。
周りに民家はなく、民家に行くとなれば交通量の多いハイウェイを通らなければいけない。
工場で買っているとも考えられるけど、丁寧に首輪に電話番号まで書いてある。
抱き上げてみると、うちの猫たちよりも数段軽い。(うちの猫たちはかなりFatだけど)
でも毛並みはとても、きれい。
これはもしや、迷い猫?
「まさか!」と言うさやちゃんを横目に、とりあえず首輪の電話番号に電話してみた。
もちろん英語。
英語で電話って、緊張するよねー。しかも知らない人のおうち。
「もしもし?ひとつ聞きたいんですけど、猫を探してませんか?」
電話に出たのは、お母さん。
「ええ。2週間前に1匹いなくなったの。」
「彼の名前はNemo?今、ここにいます。」
「冗談でしょ?本当?すぐに行きます!!」
そして、待つこと20分。
そのお母さんと、娘二人が受け取りに来ました。
本当に喜んでくれて、なんだかこっちもうれしかった。
なんだかとてもいいことをした気分。
2週間前にいなくなって、ずっと探していたけれども、あきらめていたところだとか。
こっちも勇気を出して、電話した甲斐がありました。

無事に猫を渡して、帰ろうとしたとき、娘が猫を抱き上げて一言。
「あれ、Nemoったら、前よりも重くなっているよ!!」
…私的にはかなり軽かったんですけど(笑)

なんだかとても、気分がよくなった夜でした。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/70-5099d43a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。