-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-14 00:00 | カテゴリ:楽天ブログ
今日は久々にいい天気☆
久しぶりに、朝暑くて目が覚めました。
今日は暖かいなー…。と思い、時計を見てみると、なんと12時!!
昨日夜は偏頭痛で7時半にはベッドに入ったものの、寝れず、結局寝たのが1時過ぎ。
そうだとしても、いくらなんでも寝すぎだろう…。
ただ、久々の朝寝坊で、今日は頭もすっきり、気分もすっきり☆
ランチを食べ、洗濯・掃除に勤しんだのでした。

さてここで、私がオーストラリアに来てつくづく思う、日本のほうが優れていると確信できる製品をいくつかご紹介しましょう。
まず、掃除機。
もしかしたら、全てではないのかもしれませんが、とりあえずうちの掃除機はひどい。
何がひどいか。
まず、吸引力が弱く、ごみを吸わない。(致命的)
そして、音がでかい。
日本なんて、吸引力もあり、音も静か。が主流なのに、こっちの掃除機は、どこに行っても音がでかい!
そして、その割にはごみを吸ってないように見えます。
絶対にこっちの人は、音がでかけりゃごみも吸うだろうと思っている(断定)。
そして、ごみタンクは1日でいっぱいになるくせに(家が大きいのと、土足兼用なのと、猫がいるのが原因だと思われる)、ごみが捨てにくい。
これ、本当に困る。
紙パックつけるとか、捨てやすい形にするとか、もっとなんかあるだろう。
なんでごみタンクがくねくね曲がってたり、フィルターのところに棒がいっぱいついててごみが取りにくくなってたり、狭い部分があったりするの?
そして、ちょっとでもごみが溜まったり、詰まったりすると、吸引力の悪さ倍増。
本当に困りもののひとつです。

次に、洗濯洗剤。
私が安物を使ってるからかもしれませんが、とにかく落ちない。
どのくらい落ちないかと言うと、色物と一緒に洗っても、白い服に全く影響がないぐらい落ちません。
しかも1回の使用量は、計量カップ1杯。(しかもこっちの計量カップは250ML)
いや、使いすぎでしょう。
説明書が英語なので、詳しいことは分かりませんが、もしかしたら環境保護のため、酵素とか一切使っていないのか?
中性洗剤なのかしら?
私の場合、アトリエで働いているので、汚れはつき物。
そしてそのついた汚れは、もう落ちないもの。と言う認識になりました。
漂白剤を買えばいいんでしょうが…、貧乏ワーホリ生には、そんなもの買えません。
それを買うよりも、洋服が汚いほうを選びます。

次に、自転車。
私は今、シェアオーナーの自転車・マウンテンバイクを借りて乗っています。
シェアオーナー曰く「この自転車はいい自転車なのよ。高かったの。まだ買って1年ぐらいしかたってないの」
…すでに、2回チェーンがはずれ、今ではギアが壊れています(内緒だけどね)。
そしてなぜ高かったのかというと、たぶん、タイヤの大きさが大きいから。
でも、日本の普通の大人用のタイヤよりも小さい気がする。MTBだからか?
でも、さやちゃんやNagiが乗っている自転車は、それよりもタイヤが小さい!!
そしてやっぱり壊れやすい。
さやちゃんの自転車なんて、$230出したのに、2ヶ月でペダル・ブレーキ・サドルと3箇所壊れました。
それ、取り替えたほうがいいと思うんだけど…。
とにかく、こっちの自転車は弱い。
普通に道を走るんだったら、ママチャリで十分なのに。
絶対にママチャリのほうが便利です。かごもついてるし。
どうしてオーストラリア人がMTBにこだわるのか、いまいち不明なところです。

そして最後に(今日のところは)。
掃除用具。
Sueが持っている、ガラス・お風呂掃除洗剤すべて(3種類ほど)、きれいにならない!!
ガラスを拭いたら、跡が残る。
磨いても、時間を立てても水垢が落ちない。
それなのに、目眩をおこすほど強烈なにおいがします。
においが強ければいいと思っているのかーーーーー!!!
そのほか台所用洗剤にしても、とにかくにおいが強烈です。

これを読んだところ、オーストラリア人の性格がちょっとだけ分かったような気がするでしょう?
とりあえず、何かが大げさであったらそれでよい。
それがすべてを解決していると思い込んでいる。
これからのオーストラリアの発展が、不安でもあり、楽しみでもあります…。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://frangipanigirl.blog87.fc2.com/tb.php/72-8bbb5cb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。